2018年12月12日

『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(タバブックス)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

2018年最後にして最大の、推し本が入荷しました。

これを読まずして、未来を、社会を語ることはできません。


『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』
(タバブックス)

IMG_2729.jpg

−あなたには、自分を守る義務がある。自分を守ることは、口をひらき、声を上げることからはじまる−

2016年、韓国ソウルの江南駅で起こった女性刺殺事件。これをきっかけに、女性たちが立ち上がった。

「いまから学んでも遅くはない。一日でも早く、あなたと、新しいことばで、話がしたい」
イ・ラン(ミュージシャン、映像作家)

「おおげさだな」「極端すぎる」「どうでもいいだろう」

そんな風に、女性たちは口を塞がれてきた。

なぜ差別される側が、理解を得るために努力しなくてはならないのか?

歩み寄るつもりのない相手なら、最初から対話する義務はないし、断ってもいい。
疲弊するだけか、「理解させられた」という、ほんの少しの満足感を得るだけだ。

でも言葉は、自分を、社会を守るはずだ。

どんな風に話したら、言い返したら、この思いは届くだろう。

本書は、差別や不当な扱いが蔓延する社会を生き抜くためのマニュアル書であり、心を強くするための御守りの書でもある。

どんなことにも屈しない。

WE WON'T SHUT UP.

IMG_2728.jpg


装画と扉絵を手がけたのは、当店とも縁の深い、安達茉莉子。
彼女の真摯な姿勢と愚直な努力が、ここに連れてきた。
彼女ほど、この本にふさわしい人はいない。


---
イ・ミンギョン 著/すんみ 訳/小山内園子 訳
出版社:タバブックス (2018/12/13)
ISBN:978-4907053277

☆WEB SHOP⇨
http://hiruneko.thebase.in/items/15643080
posted by ひるねこ at 18:54| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。