2018年12月27日

『火狩りの王〈一〉春ノ火』(ほるぷ出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『火狩りの王〈一〉春ノ火』(ほるぷ出版)



人類最終戦争後の世界。
大地は炎魔が闊歩する黒い森に覆われ、人々は結界に守られた土地で細々と暮らしていた。
この世界で人が安全に使用できる唯一の〈火〉を得るため、火狩りは炎魔と闘い、三日月形の鎌をふるう。

禁じられた森に入って炎魔に襲われたところを、火狩りに助けられた灯子。
首都に生まれ、母を工場毒で失い、幼い妹を抱えた煌四は、
“燠火おきびの家”に身を寄せることを決意する。

灯子と煌四、二人の生き様が交差するとき、あらたな運命が動きだす―。

生きるために、狩れ。


著者は、「雨ふる本屋」シリーズで知られる児童文学作家・日向理恵子。

「十二国記」シリーズの山田章博がイラストを添える。

壮大な物語が今、幕を開けた。

☆WEB SHOP⇨
http://hiruneko.thebase.in/items/15932685
posted by ひるねこ at 18:12| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。