2019年06月05日

『ユリイカ2019年6月臨時増刊号 総特集=書店の未来-本を愛するすべての人に-』(青土社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『ユリイカ2019年6月臨時増刊号 総特集=書店の未来-本を愛するすべての人に-』(青土社)



「出版不況」「活字離れ」というワードが当たり前に語られ、出版界を取り巻くニュースには、もはや枕詞のように用いられる。

だが、それは本当なのだろうか?
本当に、人々は本を読まなくなっているのだろうか?


確かに書店の撤退や倒産は後を絶たないし、大手取次会社の業績も悪化するばかり。出版社は高い返品率に苦しみ、自転車操業的に新刊を刊行するという悪循環に陥っている。

「並べさえすれば本が売れていた時代」は過去のものとなり、改革を放置し続けた長年のツケを、今まさに払っている。

大量の雑誌販売に依存してきた流通システムや、再販制・委託制といった、これまでの出版界を支えてきた枠組みにも、制度疲労が生じている事は間違いないだろう。


それでも、と思う。

それでも本を読む人は今日も読み続けているし、書き手は日々生まれ、明日も明後日も魅力的な本が刊行される。いくら「売れなくなった」と言われても、数千、数万という単位で印刷され、全国に配送されてゆく。

個人で作るリトルプレスやZINEは隆盛で、活版印刷ブームのように、数は少なくても印刷や製本にこだわった本も次々登場している。


そして何より、個人の単位で本を売る人が増えてきている。それはここ数年で増えてきた、いわゆる「独立系書店」だけでなく、本職を持ちながら、いわば「課外活動」としてイベントに出店したり、貸し棚に本を置いて販売している人たちも含まれる。

とりわけ「独立系書店」と言われる小規模な書店は、確実にそのファンを増やし、発信力を高めている。出版社にとっても、新刊プロモーションの一貫として従来の大型店でのサイン会などだけでなく、そういった「小さいけれども影響力のある」書店と積極的に組むことによって、SNSなどで話題を提供している。

これらの動きは、ネガティブに語られがちなこの業界に置いて、間違いなく希望の光だろうと思う。


本書では、小さな書店、個人の本屋を始め、現役の書店員、チェーン書店の社長、Amazonの事業部長など、様々な段階・サイズで本を売る人々が登場し、それぞれが現状を、そして未来を語っている。


簡単ではないけれど、決して暗くはない将来。
むしろ見方によっては、そして取り組みによっては
十分に明るさの見える未来。

まだまだできることは、山のようにある。


そして自分ならば、ここにどんな「未来」を書き、描くのか、
そのことを真剣に考えたい。
posted by ひるねこ at 16:41| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。