2019年06月21日

『子どもの本のもつ力』(大月書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

清水真砂子 著
『子どもの本のもつ力』(大月書店)


子どもの本のもつ力 世界と出会える60冊 [ 清水 真砂子 ]

『ゲド戦記』の翻訳や児童文学評論で知られる著者が選ぶ、60冊の「子どもの本」。

例え古くても、時代遅れでも、自分が読んで、手にした喜びを、誰かと分かち合いたい。

子どもが喜びそう、役に立ちそうだからと選んだ本は、ここには1冊もない。

ただの絵本ガイドではなく、著者自身の体験が盛り込まれたエッセイでもあり、
「子どもの本」に関する思いこみやイメージを、見事にクリアにしてくれる。

1章の「かわいい」がとりこぼすもの、にまず深く共感。

その力を信じているからこその、強いメッセージが伝わってくる。


素晴らしいあとがきから一部抜粋。
--
 世の中にはたしかに憎悪が渦巻き、不正義も多々ある。私自身だって、内には魑魅魍魎がうごめいていて、そうしたものと無縁だなんて、とうてい言いきれるものではありません。どうせと言ってしまえば楽になる場合のなんと多いことか。

 でも、そんなとき、はっと我に返らせ、光のほうを向かせてくれたのは、どんなにつらく、苦しく、絶望の淵に追いやられても、踏みとどまって、「どうせ」をこらえてくれた先人たちでした。気がつけば、世界のあちこちで人々は絶望的な悲惨を記録しながら、でも、こんな人もいるよ、と語りかけてくれています。そういう人々の言葉に私は幾度、自身の世界の狭さを思い知らされ、カッコいいニヒリズムから救い出されてきたことでしょう。
---
posted by ひるねこ at 15:32| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。