2019年10月06日

『ぼくはレモネードやさん』(生活の医療社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

えいしましろう
『ぼくはレモネードやさん』(生活の医療社)


ぼくはレモネードやさん [ 榮島四郎 ]

ぼくは3才のころ、小児がんになりました。

この病気のことをたくさんの人に知ってもらいたくて、小3の時からレモネードスタンドを開いています。

募金を集めて、薬や治療法ができたら嬉しいです−−。


自身の体験と他の患児たちへのインタビューを元に、小学6年生の四郎くんが描き上げた絵本。

つらいこと、痛いこと、イヤなことがすべてなくなるといいな。
みんなが笑顔で元気になるといいな。

四郎くんのそんな思いが、いつの日か報われますように。

http://hiruneko.thebase.in/items/23537547
posted by ひるねこ at 18:50| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。