2019年11月22日

『フィンランド公共図書館 躍進の秘密』(新評論)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

吉田右子、小泉公乃、坂田ヘントネン亜希 著
『フィンランド公共図書館 躍進の秘密』(新評論)


フィンランド公共図書館 躍進の秘密 [ 吉田右子 ]

公共サービスにも市場価値が持ち込まれ、弱体化が進む中、「世界一」公共図書館を意欲的に使う国がある。

それは、北欧・フィンランドだ。

この国の教育において、最も重要視されているのが「平等性」を守ること。
そして格差を無くすこと。

そういったベースが、保育所や小学校、高等教育に至るまで、教育を支え、その中心を貫いている。

「身の丈」などという言葉が大臣の口から出てしまう国とは、全く違い、その差に愕然とする。


公共図書館という存在が教育制度の中に組み込まれるだけでなく、市民による情報と文化へのアクセスは100%保障され、生涯学習を約束する。

そこはまさに知の拠点であると同時に、日々の生活における、人々の心の拠り所でもある。

図書館を取り巻く環境が厳しいのはどこも変わりはない。
その中で、「公共図書館はフィンランド人の誇り」とまで言われる、その秘密とは。

各地の特徴的な図書館を訪ねながら、そのヒントを探る。

☆WEBSHOP⇨
http://hiruneko.thebase.in/items/24804504
posted by ひるねこ at 19:39| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。