2019年11月25日

『私は本屋が好きでした』(太郎次郎社エディタス)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

永江朗
『私は本屋が好きでした』(太郎次郎社エディタス)


私は本屋が好きでした あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏 [ 永江 朗 ]

制度疲労、無関心、あきらめ。
様々な理由が絡み合い、いつしか書店の一角には、特定の人々を攻撃し、排除する憎悪の棚≠ェ出来上がった。

「入荷するから」「売れるから」という言い訳。そこには「何を売り、売らざるべきか」という、本屋が持つべき批評性も、「何が正しいか」を考える姿勢も、「どういった社会を作りたいか」という価値観も、微塵も見てとることはできない。

「仕事だから」「配本が多い」「間口を狭めない」
どれももっともな理由に思える。一部の例外を除けば確かにどの書店も経営に苦しみ、同じ状況の出版社も取次も、“手っ取り早く金になる”本を生み、流通させる。

積極的にしろ消極的にしろ、そういった類の本を作り、運び、並べることで生じる影響についての、想像力の欠如、無責任。

ごく一部の人々の溜飲を下げるだけの、「本」とも呼べないような代物は、どす黒い不快感と恐怖を売り場に生み出し、店に立ち寄っていた「本好き」の足を、少しずつ、あるいは急速に本屋という場所から遠ざけた。


「本屋が好きでした」
本書のタイトルに、既に過去形が使われていることに、悲しみと寂しさを感じざるを得ない。

そして、そういった「ビジネス」を当たり前のようにこなす人々に哀れみを禁じ得ない。


ヘイト本を置かずとも成り立つ店はある。いやむしろ、そうでなければならない。本屋とは、本当に万人の欲望に対して公平に開かれているべき場所なのか?

誰かを傷つけたい。馬鹿にしたい。
徹底的に踏みにじりたい。
そんな欲望に対しても?


もし、どうしても置かねばならない事情があるのであれば、その隣にはそれに対抗できる本を並べるべきだ。いかなる場合も公平中立であるべきと考えるならば、当然それをして然るべきだ。

できないのであれば、それはただの怠慢に過ぎない。
いつか訪れる滅びの時を待つしかないだろう。

もう、言い訳は聞き飽きた。

出版界はアイヒマンばかりなのか。

http://hiruneko.thebase.in/items/24784593
posted by ひるねこ at 19:24| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。