2020年01月19日

『おまつりをたのしんだおつきさま』(のら書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

マシュー・ゴラブ 文
レオビヒルド・マルティネス 絵
さくま ゆみこ 訳
『おまつりをたのしんだおつきさま』(のら書店)


メキシコのおはなし おまつりをたのしんだおつきさま [ マシュー・ゴラブ ]

昔々、お日さまとお月さまが、まだ別々の空に住んでいた頃のこと。

星たちの話を聞いて昼間の世界が羨ましくなったお月さまは、人々を誘ってお祭りをすることに。

たくさんのご馳走と飲み物、彩り豊かな飾りや音楽。
仮面を着け、晴れ着に身を包んで、いよいよお祭りの始まりです。

ところがお月さま、あんまり楽しくてついつい食べ過ぎ。
時間がわからなくなって、さあ大変です。


これはメキシコのオアハカ州に伝わる物語。

今でも人々は、朝の空にお日さまとお月さまが浮かんでいると「ゆうべはお月さまがお祭りをしていたんだね」と話すそう。

メキシコ美術の伝統とも言える壁画が、そのまま絵本になったような存在感。
posted by ひるねこ at 18:31| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。