2020年07月31日

『ほんとうのリーダーのみつけかた』(岩波書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

梨木香歩
『ほんとうのリーダーのみつけかた』(岩波書店)


ほんとうのリーダーのみつけかた [ 梨木 香歩 ]

同調圧力、群れ、言葉の形骸化、「日本すごい」、批判精神。

一時間足らずで読めてしまえるこの小さな本に、著者の大きな覚悟を感じる。

---
大きな容量のある言葉を大した覚悟もないときに使うと、マイナスの威力を発揮します。「今までに例のない」「いまだかつてない」「不退転の(決意で)」などなど、実際はそれほどのことでもないのに大袈裟な言葉を使うと、実態との間に隙間ができるのです。そこにヒューヒュー風が吹き荒んで、虚しさを掻き立てる。言葉が、張子の虎のように内実のないものになってしまう。
---

本書のメイン部分は、2015年に書店で行われた、若い人向けのトークセッションが元になっている。

だが、状況はその時よりもますます悪くなった。

世界中がまさに未曾有の事態に直面している今、本当の言葉を語れるリーダーが、残念ながら日本には見当たらない。

そう、確かにこの本は、今読まれねばならなかったのだ。

これからの社会を作っていく若者はもちろん、この社会を今変えるべき大人たちに。

君たちはどう生きるか。
僕は、そして僕たちはどう生きるか。

息苦しさが増すこの時代、あなたが耳を傾けるべき存在は、決してどこかを探せば見つかる訳ではない。もっと身近なところにいる。

「チーム・自分」。

これほど心強いものは無い。

https://hiruneko.thebase.in/items/32111345
posted by ひるねこ at 17:59| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。