2020年08月21日

『不滅の哲学 池田晶子』(亜紀書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

若松英輔
『不滅の哲学 池田晶子』(亜紀書房)


不滅の哲学 池田晶子 [ 若松 英輔 ]

『14歳の哲学』をはじめ多くの傑作を遺し、2007年に46歳でこの世を去った“哲学の巫女”池田晶子。

その思考と思索を、批評家・若松英輔が解きほぐす。

彼女は「言葉」に何を見、何を込めたのか。
語られる「魂」「愛」「幸福」とは。

「苦難や危機に際して人が本当に必要とするものは、必ず言葉であって、金や物ではあり得ない。」(「暮らしの哲学」より)

「幸福になるために、幸福な心になるために、遠い先まで待つ必要なんかない。だって、君の心は、今ここにあるからだ。人生はもう始まっているからだ。」(「14歳の君へ」より)

書き下ろしの一篇「不滅の哲学」を加えた増補新版。
新たに命を吹き込む装画は、西淑によるもの。

https://hiruneko.thebase.in/items/32886429
posted by ひるねこ at 18:07| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。