2020年08月27日

『紙の心』(岩波書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

エリーザ・プリチェッリ・グエッラ 著、長野徹 訳
『紙の心』(岩波書店)


紙の心 (STAMP BOOKS) [ エリーザ・プリチェッリ・グエッラ ]

「あなたの最初の手紙を読んだときから好きだった」。

図書室の本に挟まれた一通の手紙。
顔も名前も知らないまま文通を続けるうち、互いに想いを募らせるふたり。

やがて自分たち10代の少年少女が暮らす「研究所」に隠された秘密に気付いて……。

全篇が手紙で成り立つ「書簡体文学」は、瑞々しさに溢れながらも、どこか暗い影を感じさせる。
次第に「秘密」が明らかになるにつれ、その影はハッキリと姿を現す。
これはある意味でのディストピア小説だ。

読書家の著者だけに、古今東西の様々な名作が登場し、この世界に深みを与えてくれる。
文字通り本の間に挟まれて、物語の中を飛び回って楽しみたい。

透明感のある装画はカシワイ氏。

https://hiruneko.thebase.in/items/33011377
posted by ひるねこ at 18:10| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。