2020年10月30日

『暗がりで本を読む』(本の雑誌社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

徳永圭子
『暗がりで本を読む』(本の雑誌社)


暗がりで本を読む [ 徳永圭子 ]

一冊分の隙間、棚の匂い、読み返す本。

日々書店の店頭に立つ著者が綴る心持ちと、厳選された書評。

「恐れているのは、誰もが長い文章を読まなくなること。書かなくなること。それが気づかないうちに進むことだ。」

「役に立とうが立つまいが、おそらく編まれた書を読む姿は尊い。」

「誰かの体験や物語があるというだけで、安らぎや慰めになるだろう。」

営業時代、徳永さんに一度だけお目にかかったのはいつ頃の事だったでしょうか。

あれからも彼女はずっと、変わらずに本を売っている。

静謐な文章と本への真っ直ぐな眼差しに、背筋が伸びるような気がします。

https://hiruneko.thebase.in/items/35510021
posted by ひるねこ at 18:13| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。