2020年11月20日

『私とあなたのあいだ』(明石書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

温 又柔、木村 友祐
『私とあなたのあいだ』(明石書店)


私とあなたのあいだ いま、この国で生きるということ [ 温 又柔 ]

「本当は誰もが、自分はここにいる、と言い始めることができるはず。みな本来、対等な存在なのだから。私たちが声をもつとき、歴史のなにかが変わるだろう。私も、あなたも、誰もがその主役なのだから。」

読んだ人が、どこかのだれかが勝手に決めた「標準」や「規範」の呪縛から解き放たれ、自分が自分であることの信頼を取り戻せるように。

二人の芥川賞候補作家による往復書簡。
動物とヒト、持てるものと持たざる者といった、対立する項目の「あいだ」をめぐって交わされる言葉。

そのグラデーションに目を向ける。

いま、この国で生きるということ。
https://hiruneko.thebase.in/items/35982807
posted by ひるねこ at 18:53| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。