2020年12月02日

『路上のポルトレ』(羽鳥書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

森まゆみ
『路上のポルトレ』(羽鳥書店)


路上のポルトレ 憶いだす人びと [ 森まゆみ ]

吉村昭、岸田衿子、種村季弘、瀬戸内寂聴……。

地域雑誌「谷中・根津・千駄木」で知られる著者が、これまでに出会った不思議な人、忘れ得ぬ人々を回想する。

作家、思想家、詩人、映画監督、芸人、そして市井に生きる人。その数およそ100人。
何年も何十年も前に生き、そして逝った人々が、記憶とともに鮮やかに蘇る。
すぐ傍の路に目をやれば、そのままの姿が立ち現れてくるようだ。

「人との接触を絶たれている毎日の中で、かつて出会った人とのことをなつかしく憶い出す。声も眼差しも口元の表情も背中も覚えている。(中略)憶い出だけで生きられる、とも思うし、もはや向こうの方が友達が多いかも、とこの世への執着が薄れかけたりする。」
ー〈おわりに〉より

この世で見たこと、感じたこと、会った人のことを次の世代に手渡したい。
文化とは、記憶の継承である。自分という存在は、上と下を結ぶただの環(リング)に過ぎない。

装画は谷中で育ち、学んだ画家、有元利夫。
出版社は千駄木にある羽鳥書店。
編集は不忍ブックストリートの代表であり、谷根千を知り尽くした南陀楼綾繁。

町のあちらこちらに散りばめられた記憶と歴史が、結晶となった。

https://hiruneko.thebase.in/items/36576104
posted by ひるねこ at 19:13| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。