2020年12月21日

『愉快のしるし』(信陽堂)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『愉快のしるし』(信陽堂)

638B7AE7-03AE-4CD7-940A-F88507C50887 2.jpg

美術作家・永井宏は、1970年代中ごろより写真、ビデオ、インスタレーションなどで作品を発表。80年代には「BRUTUS」の編集にも携わった。

90年代には神奈川の葉山で、地域に根差したアートを提唱する「サンライト・ギャラリー」を運営し、自ら詩集やエッセイを出版した。

「だれにでも表現は出来る。ひとりひとりの暮らしが表現になるんだ」。

各地で開催したワークショップを通じて多くの人々に影響を与え、そこからは多種多様な書籍や雑誌、音楽、そしていくつもの場所が生まれた。

彼が亡くなるまでの17年間に書き続けた、956の言葉がここに。
季節のめぐり、思索のあと、その全て。

IMG_2685 2.jpg

IMG_2683 2.jpg

本書を手がけたのは、千駄木の信陽堂編集室。代表の丹治史彦氏は出版社の「アノニマ・スタジオ」を立ち上げた事で知られるが、丹治氏自身もまた、永井宏から多大な影響を受けた一人だ。

毎朝ツイートされる永井の言葉の欠片は、こうして一冊の本としての姿を与えられたことで、より長く、そしてより深く生き続けるだろう。

日々の隙間にそっと光が射し込まれるよう。

https://hiruneko.thebase.in/items/37503222

IMG_2684 2.jpg
posted by ひるねこ at 18:48| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。