2021年03月04日

『魂にふれる 大震災と、生きている死者 増補新版』(亜紀書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

若松英輔
『魂にふれる 大震災と、生きている死者 増補新版』(亜紀書房)


魂にふれる 大震災と、生きている死者【増補新版】 [ 若松 英輔 ]

「2011年の3月11日、君は大切な人を亡くした。その前年2月7日、ぼくも妻を喪った。」

大震災と、妻の死をつなぐもの−−。

西田幾多郎、鈴木大拙、田辺元、井筒俊彦、小林秀雄、柳田國男、池田晶子、須賀敦子……。

日本思想史に連なる人々との「対話」を通過して、「死者の哲学」が立ち上がる。

あの日から10年、著者の初期の代表作に三篇の新原稿を加えて。

https://hirunekobooks.stores.jp/items/60409f1a6728be21496eae1c
posted by ひるねこ at 18:20| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。