2020年07月22日

『あんぱん ジャムパン クリームパン 女三人モヤモヤ日記』(亜紀書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

青山ゆみこ、牟田都子、村井理子
『あんぱん ジャムパン クリームパン 女三人モヤモヤ日記』(亜紀書房)


あんぱん ジャムパン クリームパン 女三人モヤモヤ日記 [ 青山 ゆみこ ]

「まさかこんな事になるなんて」
誰もが思った今年の春。ガラリと変わってしまった世界で、あの人やこの人は何を考え過ごしているのだろう。

ライター、校正者、翻訳家。
本の仕事に関わる3人は、どういう気持ちを抱えながら、何をして過ごしていたのだろう。

それぞれの場所、それぞれの暮らし。
彼女たちのリレー日記には、戸惑いや辛い出来事、見つけた楽しさ、新たな出会いなど、様々に綴られている。

対面ではなく距離があるからこそ生まれる文章と、すぐ隣から聞こえてくるような会話。

そのどれにも、少しの緊張と不安が滲み、そうでありながら軽やかさと、この先の時代を生きていくのだという確かな意思も感じられる。

今この時でしか語られ得ない、三者三様の言葉たち。柔らかな表面の下に、ギッシリと重たく濃厚な中身が詰まっている。

コロナの前と後で、確かに世界は変わった。
でも美味しいものを食べて、夜になったら寝て、そうすればまた新たな朝が来る。それはこれからも変わらない。

悩みもするし、大変なことはたくさんあるけれど、それでも日々は続いていく。

だったらひと息つきながら、ゆっくり歩いていきませんか。

https://hiruneko.thebase.in/items/31675094
posted by ひるねこ at 18:21| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

清田隆之(桃山商事)
『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)


さよなら、俺たち [ 清田 隆之 ]

ジェンダーギャップ指数、153か国中121位。

家事や育児の負担は女性に偏り、男性向けのアダルトコンテンツが巷に溢れる。

セクハラや女性蔑視発言のニュースは後を絶たず、大学入試や就職試験では女子を差別し、男子学生を優遇する。

今は本当に21世紀なのかと疑うような事ばかりが起きる、それがこの日本という国だ。

もちろん全ての男性が悪いわけではないし、男女平等・男女同権を当たり前として考えている人は大勢いる。

ただ、男性は様々な特権を無自覚で享受してきた。そしてそれは「そういうもの」として何となく社会に存在し、改めて問われる事がなかった。

そう、つい最近までは。

#MeToo や #KuToo に代表されるうねりは、この社会を確かに変え、時計の針を進めつつある。

自分たちの特権や優位性について考えず、言語化することなく生きてきた「俺たち」は、このままでいいのか。いや、違う。そんな事はないはずだ。

失恋、性的同意、風俗、夫婦別姓、マンスプレイニング……。

男性である著者は自らの人生を省み、その時々の言動と向き合う事で、決着をつけようとしている。

日本語の「さよなら」とは、過去と決別し、新しい「こと」に立ち向かう心の構え。

今がその時だ。

https://hiruneko.thebase.in/items/31674967
posted by ひるねこ at 18:59| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

『馬場のぼるのスケッチブック』(こぐま社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

馬場のぼる
『馬場のぼるのスケッチブック』(こぐま社)


馬場のぼるのスケッチブック [ 馬場のぼる ]

動物、人間、草花や木々、そして猫。

興味を惹かれたあらゆるものを描き続けたスケッチブック、約100冊分。

その楽しく美しい膨大なスケッチは、描く喜びに満ち溢れている。

「11ぴきのねこ」「きつね森の山男」など、作品世界の地下を流れる水脈の豊かさ。

https://hiruneko.thebase.in/items/31793685
posted by ひるねこ at 18:00| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。