2017年08月10日

『スイーツこねこ』原画展

『ゾッチャの日常』『ねこノート』などで大人気の漫画家、生藤由美さん。
初の絵本『スイーツこねこ』(河出書房新社)の原画展を開催します。

hyou1.jpg

ehon_P4_P5.jpg

ehon_P10_P11.jpg

ehon_P20_P21.jpg

猫とスイーツという不思議な取り合わせ。
その甘やかなイラストは、私たちの心をとろけさせます。
猫好き、スイーツ好き、ぜひ多くの方にご覧いただきたい絵本です。

今回は原画展示や絵本の販売のほか、コミックスやポストカード、ブックカバーなど、
グッズも多数ご用意します。


会期中、当店でお買い求めの書籍には、在廊時にサインをしていただくこともできます。
(在廊日はSNS等にて随時お知らせします)

秋はスイーツが美味しくなる季節ですね。
どうぞお楽しみに!


●会期:9/22(金)〜10/5(木)11:00〜20:00
(店舗営業時間に準じます) 
※最終日は18時ごろまで
月曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●入場無料


※本の詳細は⇒ http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309277912/


☆生藤由美さんプロフィール

徳島県出身。漫画家。白ねこゾッチャと個性豊かなねこ仲間との日々を描いた「ゾッチャの日常/集英社」で人気を博す。そのほか代表作に「ねこノート/集英社」「べいびー・ぞっちゃ/ホーム社」がある。「スイーツこねこ/河出書房新社」は著者にとって初めての絵本となる。

ZAYz6nsL.jpg

posted by ひるねこ at 12:27| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

『どうぶつたちがねむるとき』パネル展

6月に発売された『どうぶつたちがねむるとき』(偕成社)のパネル展を開催します。

どうぶつたちがねむるとき.jpg

キリン、ラッコ、アザラシ、シロクマ、ヤマネにラクダ……動物たちの眠り方は様々。
どこでどうやって眠るのか、そこにはその動物の自然界での立ち位置のようなものが表れます。
眠りとは休息であり、必要不可欠なものでありながら、それは常に危険と隣り合わせ。
敵に襲われることもあれば、急激な天候の変化にも対応しなければなりません。

ここに描かれる動物たちは本当に安心しきっていて、そんな不安を微塵も感じさせません。
眺めているこちらがついつい眠りに誘われるほど。

あまりに繊細で美しい、こちらの絵本。
本書は「チェコのもっとも美しい本2014年」で児童書部門の3位を受賞するなど、非常に高い評価を得ています。

この素晴らしい絵本が、店内にどのような彩りを添えてくれるのか、今から楽しみです。

会期中はポーランドやチェコなど中欧・東欧の絵本もいくつか揃える予定です。
どうぞお楽しみに!


●会期:9/7(木)〜9/20(水)11:00〜20:00
(店舗営業時間に準じます) 
※最終日は18時ごろまで
月曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●入場無料


※本の詳細は⇒ http://www.kaiseisha.co.jp/books/9784032027600

どうぶつキリン.jpg

どうぶつネコ.jpg

『どうぶつたちがねむるとき』(偕成社)
作:イジー・ドヴォジャーク
絵:マリエ・シュトゥンプフォヴァー
訳:木村有子
posted by ひるねこ at 11:49| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

【満員御礼】ちいさな出版物の「設計図」をつくるワークショップ

*定員に達したため、お申し込みを締め切りました。
キャンセル待ちをご希望の方は、引き続きメールにてご連絡ください。


「本や雑誌なんて、誰にでもつくれる!!」
やってみたいけど、最初の一歩をどう踏み出せばいいかわからないという方のために、
その入り口となるワークショップを開催します。

ws1.JPG

個人または少人数でつくる小冊子。書店店頭だけでなく、あらゆるところで目にする機会が増えました。
ミニコミ、リトルプレス、zine、フリーペーパーなど呼びかたはいろいろありますが、
要は少部数・自主流通のちいさな出版物のことです。
それらをつくる第一歩として、「設計図」を一緒に考えていきましょう。

各地のブックイベントやリトルプレス事情にも詳しい、ライター・編集者の南陀楼綾繁(ナンダロウ・アヤシゲ)さんを講師にお迎えします。
南陀楼さん直々に本の作り方を教えてくださるという、なんとも贅沢な機会です。

出版や編集の経験は必要ありません。もちろん年齢も不問です。
「こんなものをつくってみたい」「こういう内容をカタチにしてみたい」という気持ちがあれば、どなたでもご参加いただけます。

イラストや写真、文章、PRしたいネタなど、なんでも結構です。
本づくりの初めの一歩、ぜひご一緒しましょう。

●日時:2017年9月8日(金)18:30~21:00
●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉
●参加費:3,000円(材料費含む) *事前振込
 *キャンセルポリシー*
  前日連絡:50% 当日連絡:100%
●定員:6名
●持ち物:
・自分の好きな雑誌、リトルプレス、フリーペーパーなど1冊
・筆記具(使いたいカラーペンやマーカーもあればお持ちください)。 


※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。折り返し振込先をお知らせいたします。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「9/8小さな出版物ワークショップ参加希望」


☆講師プロフィール

南陀楼綾繁(ライター・編集者 不忍ブックストリート代表)

1967年、島根県出雲市生まれ。ライター・編集者。出版、古本、ミニコミ、図書館など本に関することならなんでも追いかける。2005年から谷中・根津・千駄木で活動している「不忍ブックストリート」の代表として、各地のブックイベントに関わる。「一箱本送り隊」呼びかけ人として、石巻市で本のコミュニティ・スペース「石巻まちの本棚」の運営にも携わる。著書『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)、『谷根千ちいさなお店散歩』(WAVE出版)、『小説検定』(新潮文庫)、『ほんほん本の旅あるき』(産業編集センター)、『町を歩いて本のなかへ』(原書房)ほか。『ヒトハコ』(書肆ヒトハコ)編集発行人

ws5.JPG

ws4.JPG

*写真は全て、2016年6月・南魚沼市でのワークショップの様子
posted by ひるねこ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。