2017年10月06日

【満員御礼】『イモヅル』vol.3刊行記念 イモヅル収穫祭


*定員に達しましたので、お申し込みを締め切りました。


サツマイモからつながる人、本、場所をテーマにしたリトルプレス『イモヅル』
サツマイモへの大きくてまっすぐな愛が溢れ出て、口の中が甘味と温かさで満たされます。

imozuru1_2.jpg

今回第3号が刊行されるのを記念して、当店でささやかなイベントを催します。

実は今回のテーマ「コドモとイモ」にあわせて、当店が〈サツマイモ絵本〉を5冊セレクトしています。暑い盛りに焼き芋のことばかり考えるのはとても得難い経験でした。

イベントでは、発行者の藤田一樹さんを囲んで、これらの絵本の紹介はもとより、『イモヅル』という冊子について掘り下げたり、参加の皆さんと一緒にイモ話を芋づる式にお話できれば嬉しいです。

と言っても堅苦しい話は一切なし!

芋けんぴ、芋せんべい、芋甘納豆、干し芋、大学芋など、イモを使ったお菓子も色々ご用意します。
もしかしたらご近所のあのお店とのコラボもあるかも?もちろんオススメの芋フードや芋焼酎があればお持ちくださいね。持ち込みは自由ですので、どうぞお気軽にお越しください。

サツマイモ、ジャガイモ、山芋、里芋などなど、とにかくイモ好きな皆様のご参加をお待ちしております!
『イモヅル』1、2号の販売もありますので、初めての方も大歓迎です!


●日時:10/18(水)19:00〜20:30 (開場は18:45予定です)

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:500円(『イモヅル』vol.3を差し上げます)
    +1ドリンク500円(ビール/ワイン/ソフトドリンク)
 当日お支払い


※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数〉をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「10/18 イモヅル収穫祭参加希望」


posted by ひるねこ at 16:58| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

ノルウェーの人気者「KUBBE/キュッパ」のフェアを開催します。

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

ノルウェー生まれの人気絵本『キュッパのはくぶつかん』『キュッパのおんがくかい』(いずれも福音館書店、オーシル・カンスタ・ヨンセン●著/ひだに れいこ●訳)。

  

丸太の男の子「キュッパ」が主人公の、とってもユーモラスな絵本です。

KUBBE_logo.jpg

KUBBE_flags.jpg

kubbe_Hallo.jpg

2015年には上野の東京都美術館で「キュッパのびじゅつかん」が開催され、一躍大人気になりました。
『キュッパのはくぶつかん』と同じく様々なモノを拾い集めカテゴライズする作業に、興奮してあっという間に時間が過ぎてしまったという方も多いのでは?


今回当店では、そのキュッパのグッズを集めたフェアを開催します。

ポストカードやクリアファイル、トートバッグやスマホケース、ぬいぐるみなど、
魅力的なグッズが大集合♪あのガチャピン・ムックとのコラボアイテムも。
もちろん絵本も販売します!

nuigurumiS.jpg

hellow.jpg vacation.jpg

Forest01.jpg Forest02.jpg

Tote_Forest.jpg Tote_Town.jpg

Tote_Home.jpg EBT_1041.jpg

linchTote.jpg


ノルウェーとの縁が深まりつつある当店だけに、
キュッパにも楽しんでもらえるようなフェアになりそうです。

絵本のファンの方も初めての方も、どうぞお楽しみに!


●期間:10/21(土)〜10/31(火)11:00〜20:00
(店舗営業時間に準じます) 
※最終日は17時ごろまで
期間中休業:10/24,30(営業情報は必ずSNSをご確認ください。)

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●入場無料


※絵本については⇒http://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1361


☆「KUBBE」とは?

ノルウェーの絵本作家、オーシル・カンスタ・ヨンセンによる
「KUBBE」シリーズをベースにしたキャラクターブランドです。
 
最初の絵本である『KUBBE LAGER MUSEUM』は、
2010年5月にノルウェーのGYLDENDAL社より刊行されました。
翌年9月には早くも第2弾が刊行されています。
北欧ノルウェーを舞台にした自然あふれる世界観と、素朴で温かみのある絵に、
世界からも熱い視線が注がれており、フランス、スウェーデン、ドイツ、韓国での出版も決定しています。
 
そして、日本デビューとなる、待ちに待った日本語版『キュッパのはくぶつかん』が、
2012年4月に福音館書店より発刊されます。
 
「KUBBE」は、ノルウェー語で「丸太」のこと。
日本語で発音するにはむずかしく、「キュッパ」という名前がつきました。
丸太のキュッパ、よろしくね!

*「KUBBE」ホームページより


詳しくはこちら
http://kubbe.jp/top.html
posted by ひるねこ at 12:47| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

伊藤文子個展 − えほんノリーカ 布 展 −

ノルウェー・ハルダンゲル地方に着想を得て、同地にて2015年に出版されたえほん「ノリーカ」

bok.jpg

boker.JPG

絵本の展示販売はもちろん、ノリーカの世界を中心に作者・伊藤文子さんによって染め上げられた、天然灰汁発酵建の藍染め手ぬぐいやプリントファブリックを中心に展示します。

panel.jpg

tekstile.JPG

●会期:10/7(土)〜 10/20(金)11:00〜20:00

(店舗営業時間に準じます) ※最終日は18時ごろまで
・期間中休業日:10/10(火)、10/16(月)
その他営業時間の変更等がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●入場無料




☆伊藤文子さん プロフィール

文化女子大学で染織を専攻。卒業展で学長賞受賞。
卒業後数年を経て、京都西陣の草木染め婦人服ブランドで染色に従事。
2011年に藍染めTシャツや草木染めスカーフの展示販売活動を始める。
2013年、兼ねてから親交のあったノルウェー人染織作家Kristi Skintveit氏の尽力もあり、ノルウェー留学を果たす。
ノルウェーではHardanger Kunstskuleで地域に根ざしたアートや、伝統織物にふれる。
2015年スカンジナビア・ニッポンササカワ財団とJondal kommune(日本で言う市町村のような行政区画)の助成金を得、KristiAneVevより絵本出版と同時に帰国。

http://www.ayakoito.kirara.st/
http://skinsand.com/

=過去の展覧会=
2011  トークイベント『私の好きなノルウェー』コルンボード、市ヶ谷
2012  個 展                『Jondanl こころのふるさと2012』カフェハイファミリア、三鷹
                                       『期間限定ショップNoli-ka Skinsand』BASE南青山、南青山
2013  グループ展        『HAKU No,1』Storeteigen, Øystese
2014  グループ展        『A Haku!』Galleri Puls, Norheimsund 
2015  グループ展        『Avgangsutstilling 2015』Galleri Puls, Norheimsund 
2016  個 展                『ノリーカ 販売会』森晴事務所内、青山
                           『えほんノリーカ 原画展』赤羽、豆電Coffee

posted by ひるねこ at 16:36| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。