2020年05月21日

『ひみつがあります』(白泉社)

布川愛子
『ひみつがあります』(白泉社)

1B6E2D39-49F7-4CF2-965D-55BCF4FDAB0A.jpg

森に住む動物たちには、それぞれ秘密があります。
季節の移ろいにあわせて、こっそり教えてあげましょう−−。

58592AAC-AF4E-4B2B-94FF-218EB62D7311.jpg

布川愛子さんの最新絵本が入荷しました。布川さんらしい色遣いと細かな描写が心をくすぐります。動物たちの姿も生き生きと。ファンにはたまらない、愛らしい世界が広がっています。

F67A7EB2-BA4A-42F9-B4D5-174D0D372CF4.jpg


そして、嬉しいことにサイン本が届きました!
これを楽しみにしていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

5D3A4BFA-ABBD-4BD9-B646-FFD96B4303AE.jpg

ご希望の方はメールでお知らせください。

遠方のお客様は通販でも承ります。
➡️ https://hiruneko.thebase.in/items/29137457

*先着5名様までは5月下旬に、それ以降の方は6月下旬にお届けします。

*サインの絵柄はお選びいただけません。開くまで「ひみつ」です。
posted by ひるねこ at 18:04| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

『仕事文脈 vol.16 特集:東京モヤモヤ2020』(タバブックス)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『仕事文脈 vol.16 特集:東京モヤモヤ2020』(タバブックス)

5117BA18-EF2A-4907-9FA4-574C746CAA59.jpg

今年の夏、東京を脱出しようと考えていた。
「アンダーコントロール」という嘘から始まったTOKYOオリンピックは、多額の税金を注ぎ込み、死者を出し、人々の生活や昔ながらの風景を破壊し、様々な犠牲を生みながら着々と進んでいた。

そんな虚飾に満ちた都市にいることが耐えられなかった。
少なくとも利権に塗れたお祭り騒ぎが終わるまで、ここでは無いどこかに行きたかった。

ところが新型ウィルスの登場という、まさかの展開が訪れる。
移動は制限され、人との接触は避けざるを得ず、生きるために働くことや店を開けることすら許されない空気が蔓延した。

信頼できないデータ、威勢の良い掛け声、ひたすら繰り返される「お願い」。
そうしてまた、東京には別のモヤモヤが加わった。

目に見える衰退と後退、目には見えない感染のリスク。
既に綻びを見せ、限界を迎えつつあった市場経済や東京一極集中の弊害が、いよいよ明らかになってきた。

多くの人々が仕事を失い、廃業や倒産が続く。
明日が見えない日々の中、わたしたちは今日も生きて行かなければならない。

この街で暮らし、働くということ。

C0AD9BF9-F874-4901-9FAB-E264F1369B6F.JPG

7789A9DF-A26A-476C-AF98-F1E073DC730C.JPG

A2CF60D7-A94B-475E-AF60-D63C3D1DA239.JPG

posted by ひるねこ at 18:41| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

『移民の世界史』(東京書籍)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

ロビン・コーエン 著/小巻靖子 訳
『移民の世界史』(東京書籍)


移民の世界史 [ ロビン コーエン ]

人の移動はいつから始まり、どう地球全体に広がっていったのか。

旅行や入植といった「自発的な」ものもあれば、奴隷貿易や難民などの強制移動もある。

探検家、遊動民、インドの年季奉公人。
ユダヤ人やパレスティナ、シリア難民、ツーリズムや留学。
宗教や政治、音楽や気候変動など、様々な観点から人類の移動の歴史を見る。

自由に“動けない”今だからこそ、読んでおきたい。

https://hiruneko.thebase.in/items/29350764
posted by ひるねこ at 18:10| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。