2022年07月15日

【満員御礼】『文(ぶん)にあたる』刊行トークイベント

*満席となりましたため、キャンセル待ちを受け付けています。
ご希望の方はメールにてご連絡ください。



『文にあたる』(亜紀書房)の刊行を記念し、著者の牟田都子さんをお招きしてイベントを開催します。


校正者は今日も眠れない−−本を読んで、文にあたる日々をつづる。

〈本を読む仕事〉という天職に出会って10年と少し。無類の本読みである校正者・牟田都子は、今日も原稿を読み込み、書店と図書館をぐるぐる巡り資料にあたる。1冊の本が出来上がるまでに大きな役割を担う校正者の仕事とは−−。知られざる校正者の本の読み方、付き合い方を記したエッセイ。

(『文にあたる』概要より)

『文にあたる』書影.jpg

新刊のお話を中心に、校正というお仕事のこと、そのほか日々の暮らしのことなどを伺いたいと思います。

「トークショー」というよりは、会場の皆さんも一緒になっての「お話会」のような雰囲気にできればと思っています。

お申し込みお待ちしております。


*サイン本の事前発送をご希望の方は下記ページから別途ご購入ください(8/11~8/12頃に発送予定です)。
https://hiruneko.thebase.in/items/64835860

*当日あるいは事前に、店頭での購入をご希望の場合は、お申し込み時にその旨をお知らせください(8/11夕方以降にお渡し可能です)。


●日時:2022年8月24日(水)19:00〜20:30(開場18:45)

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●定員:10名

●参加費:1,500円(事前振込制)

※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、TEL、参加人数〉をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「8/24『文にあたる』トークイベント参加希望」


☆プロフィール

牟田 都子(むた・さとこ)

1977年、東京都生まれ。図書館員を経て出版社の校閲部に勤務。2018年より個人で書籍・雑誌の校正を行う。
これまで関わった本に『へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々』(鹿子裕文、ナナロク社/ちくま文庫)、『何度でもオールライトと歌え』(後藤正文、ミシマ社)、『ブスの自信の持ち方』(山崎ナオコーラ、誠文堂新光社)、『家族』(村井理子、亜紀書房)、『はじめての利他学』(若松英輔、NHK出版)ほか多数。
共著に『あんぱん ジャムパン クリームパン 女三人モヤモヤ日記』(亜紀書房)、『本を贈る』(三輪舎)。
posted by ひるねこ at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月14日

「古いぬいぐるみのはなし」 出版記念イベント

神戸の北欧雑貨店「マルカ」の店主による初の著書『古いぬいぐるみのはなし』が産業編集センターより2022年2月に発売となりました。
こちらの発売を記念して、出版記念イベントを行います。
書籍の販売と、北欧とドイツで買いつけた古くてかわいい雑貨がならびます。

IMG_2251.JPG


『古いぬいぐるみのはなし』

古いぬいぐるみと、その持ち主たちの大事なエピソードを集めた一冊です。
神戸にある北欧雑貨店「マルカ」を営む著者・田村ふみ湖さんは、本人も大のぬいぐるみ好き。マルカの店長「うさぎ山ごんぞう」さんは、その世界では有名な存在です。
そんな著者が、勘と縁を頼りにぬいぐるみを愛する同志を探し出し、インタビューを敢行しました。集まったぬいぐるみは46体。
ドイツ、チェコ、ロシア、イギリス、フィンランド、日本など世界12か国の古いぬいぐるみと、持ち主との想い出エピソードを紹介しています。ぬいぐるみプロフィールあり。

https://www.shc.co.jp/book/16526
−-


マルカさんとご一緒するのは2年ぶり。
どうぞお楽しみに!


IMG_2252.JPG


●会期:8/19(金)〜 8/28(日)12:00〜20:00

(土日は18時半まで。店舗営業時間に準じます)
*初日8/19(金)は18時半まで
*8/24(水)は17時半まで
*8/27(土)は17時まで
*最終日8/28は16時まで

火曜定休の他、休業・時間変更の場合がありますので、必ずSNS@hirunekobooks をご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-5-22-101〉
地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*お支払いは原則として現金、またはお振込となります。

*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。


協力 MARKKA(マルカ)
http://markka.shop
posted by ひるねこ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月22日

文溪堂の絵本 〜いままでとこれからと〜 inひるねこBOOKS

文溪堂がこれまで出版してきた絵本や、これから刊行する絵本のラフを展示するとともに、作家のサイン本やグッズ、貴重な原画の販売をいたします。

文溪堂の「いままでとこれから」をお楽しみください。

文溪堂の絵本ブログ用.jpg


◎販売を予定しているラインナップは、以下の作家さんの絵本です(6/22現在)
 ※今後さらに追加される予定です!

☆サイン本
・かとうあじゅさん
・きくちちきさん
・酒井駒子さん
・サトウマサノリさん
・そのだえりさん
・谷口智則さん
・なかざわくみこさん
・西村敏雄さん 
・100%ORANGEさん
・ふくざわゆみこさん
・ますだゆうこさん、たちもとみちこさん

etc
(西村敏雄さん、なかざわくみこさんについては、原画の販売もございます)

 
そのほか作家さんたちのオリジナルグッズや、昨年も好評だった島田ゆかさんとユリア・ヴォリさんのコラボによる「バムとケロ&ぶた」ポストカードセット、「バムとケロ」のランチョンマット&コースターセット、クリアファイル、『うちにかえったガラゴ』の複製画(数量限定)、などを販売する予定です。


これから出版される絵本のラフも見られる貴重な機会。

今年の夏もまた特別な空間が生まれそうです。
どうぞお楽しみに!



●会期:7/23(土)〜 8/12(金)12:00〜20:00

(土日は18時半まで。店舗営業時間に準じます)

*8/6(土)は18時まで
*8/8(月)は16時まで
*最終日8/12は16時まで

火曜、第二水曜8/10定休の他、休業・時間変更の場合がありますので、
必ずSNS@hirunekobooks をご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*お支払いは原則として現金、またはお振込となります。

*原画と複製画は、会期終了後のお渡しとなります。

*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。

*通販は会期後半(8/4ごろ〜)からスタートします。
https://bit.ly/3PYxNrj



協力 文溪堂
http://www.bunkei.co.jp/
posted by ひるねこ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。