2017年10月13日

『ふたつでひとつ』(偕成社)出版記念トークイベント 「絵本と片手袋の不思議な関係」

片手袋ファンの皆様、お待たせしました!
昨夏、当店で片手袋写真展とトークイベントを開催した、片手袋研究家の石井公二さん
今回はなんと絵本作家さんとコラボします。

22473450_757290351135497_788665280_o.jpg

町の様々な場所で見かける片方だけの手袋。
誰がどうして落としたのか?様々な物語を想像してしまう不思議な存在です。

今回は、偕成社の新刊絵本『ふたつでひとつ』の作者かじりみな子さんをゲストにお招きして、「片手袋とは何か?」といったそもそものお話から、古今東西の“片手袋絵本”について語っていただきます。

一体どんな展開になるのか、今からワクワクします。

皆様のご参加をお待ちしております!



●日時:11/12(日)19:00〜20:30

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:500円(当日お支払い)


※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数〉をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「11/12 片手袋トークイベント参加希望」


*絵本については
https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784033327907


☆かじりみな子さんプロフィール

1976年、兵庫県姫路市生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒業。学生時代はサイクリング部に所属し、自転車三昧の日々をおくる。卒業後「あとさき塾」にて絵本作りを学び、娘の成長をきっかけに本格的に創作をはじめる。さし絵に『ドリーム・アドベンチャー〜ピラミッドの迷宮へ〜』(テレサ・ブレスリン作/偕成社)、絵本に『ゆきがふるまえに』(偕成社)がある。




☆石井公二さんプロフィール

1980年、東京生まれ。片手袋研究家。玉川大学文学部芸術学科卒。
幼少の頃にウクライナの絵本『てぶくろ』を読んで以降、まちに片方だけ落ちている手袋が気になり始める。
2005年からは”片手袋”と名付け、写真を撮ったり発生のメカニズムなどを研究し始める。
写真や研究成果の発表は主にネットで行ってきたが、2013年に神戸ビエンナーレ「アートインコンテナ国際展」に入選、奨励賞を受賞して以降、作品制作やメディア出演、原稿執筆などを通じて片手袋の魅力を広めている。
現在までに撮影した片手袋の写真は4000枚以上。片手袋研究は13年目に突入している。

posted by ひるねこ at 18:54| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『BIOCITY 72号 特集:北欧のサービスデザインの現場』(ブックエンド)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『BIOCITY 72号 特集:北欧のサービスデザインの現場』(ブックエンド)

IMG_4355.jpg

コミュニティデザインのプロ集団studio-Lが、人々の生活や体験を豊かにする「サービスデザイン」の現場を紹介します。

北欧の「モノ」だけでない「コト」のデザインに迫る内容。

福祉国家の行政による取組み、アートとの出会い、学生の起業支援やコワーキングスペース、情報教育の拠点としての図書館の活用など、専門的な内容ではありますが、北欧に興味がある人ならば読んでおきたい充実の内容。写真や図も多用されているので非常にわかりやすく、北欧のサービスデザインについてまとめられています。

IMG_4357.jpg

IMG_4356.jpg

IMG_4358.jpg

・特集
北欧のサービスデザインの現場
studio-L スカンジナビアを訪ねて
企画 studio-L+山崎 亮

・目次
総論 人々の生活や体験を豊かにするデザイン 山崎 亮
福祉国家スウェーデンのデザイン力 国立美術工芸大学〈コンストファック〉 西上ありさ
働く価値が変わる場所 コワーキングスペース〈ホフィス〉 神庭慎次
アートとの出会いをデザイする フィンランド国立現代美術館〈キアズマ〉 洪 華奈
学生による、学生のための起業支援 フィンランド、アアルト大学〈スタートアップサウナ〉 洪 華奈
サービスデザインによる計画づくり ヘルシンキ市デザイン部門 神庭慎次
アップサイクルのショッピングモール スウェーデン〈レチュナ・オルタブルック・ギャレリア〉 出野紀子
情報教育の拠点としての図書館 フィンランド〈ライブラリー 10〉 林 彩華
デンマークの成人教育と公民館 〈フォルケホイスコーレ〉の歴史と今 西上ありさ

☆webショップ
http://hiruneko.thebase.in/items/8574553
posted by ひるねこ at 18:08| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

『Hygge 北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

ピア・エドバーグ 著/永峯涼 訳
『Hygge 北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法』


Hygge 北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法 [ ピア・エドバーグ ]

“ヒュッゲ”という言葉をご存知でしょうか?

世界幸福度ランキングで常に上位に位置する北欧デンマークで生まれたこの概念は、「心地よさ」「くつろぎ」などのワードで訳されますが、なかなかぴったりくる言葉はありません。

自宅を居心地の良い場所にし、家族や仲間、時には一人の時間を楽しむこと。
不要なものを処分し、本当に気に入ったものだけに囲まれて過ごすこと。
ファッションや音楽など、誰かと比べるのではなく自分らしく暮らすこと。
そしてお金や名誉などにこだわらず、時には電子機器も手放して、速度を緩めて人生を楽しむこと。

今私たちが生きているのは、効率やスピードを何よりも優先し、目まぐるしく移り変わる情報や技術に翻弄され、収入や地位において他人よりも少しは“マシ”であることを求められる社会ではないでしょうか。
自分や家族、ましてや他人とじっくり向き合う時間など、そうそうとれるものではありません。

本来私たちが求めているのは、仕事を充実させるのと同じかそれ以上に、一人でいるときの時間や、家族や友人、地域の仲間たちとの触れ合いを楽しむことのはずです。

一生懸命働いているのに、幸せの実感を得られない。
いつも漠然とした不安、ストレスを抱えている。

そんな時、一度立ち止まって、時間の使い方を見直してみませんか?

高い税率や厳しい冬の寒さなどを抱えるデンマークの人々は、
なぜ自らの生活を心から幸せだと感じることができるのでしょうか?

ちょっとしたブームのようになっている“ヒュッゲ”。
関連書も続々刊行されています。

本書は理念ではなく、実践の書。
ところどころに書き込むスペースがあるので、自分自身を見つめながら、ヒュッゲな生活に近づいていくことができます。
また巻末の〔ヒュッゲ30日間チャレンジ〕で、具体的にそのヒントを取り入れていくことができます。それはいつでもどこでもお金をかけずに実践できるものばかり。

幸せな生活は一朝一夕に手に入るものではありませんが、まずは自分が好きなことに向き合い、それを大切にする生き方の第一歩として、この本が役に立つかもしれません。

昨日より今日、今日より明日が楽しければ、人生は豊かになります。
あなたが選びとったものの先に、心地よい暮らしが待っているはずです。

☆webショップ⇨
http://hiruneko.thebase.in/items/8549666
posted by ひるねこ at 14:30| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。