2019年05月13日

『猫と藤田嗣治』 (エクスナレッジ)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

内呂博之 監修/浦島茂世 文/荒堀みのり ネコ研究者
『猫と藤田嗣治』 (エクスナレッジ)


猫と藤田嗣治 [ 内呂博之 ]

藤田と言えば、猫。それは切っても切れない間柄。

初めてフランスに渡ってから7年ほど経った1920年ごろに描き始め、それ以来いつも傍らにいて、また描き続けた。

裸婦画や肖像画、パリの風景から隠れた名作まで。

主役の時も、脇役の時も、猫には確かな存在感が宿っている。


藤田の猫にまつわる作品を集めた本書。

単なる作品紹介に止まらず、ネコ研究者による猫の解説も。
それぞれの絵の中で、猫は何を想い、どんな役割を果たしているのか。

芸術の本としても存分に楽しめるし、純粋に猫の本としても興味をそそる。

にゃんと楽しく、あたらしいことか。
posted by ひるねこ at 18:19| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

『幸せを引き寄せる 月の満ちかけ物語』(創元社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

前田まゆみ
『幸せを引き寄せる 月の満ちかけ物語』(創元社)


幸せを引き寄せる 月の満ちかけ物語 [ 前田 まゆみ ]

ふと夜空を見上げると、浮かぶ月の美しさに息を呑むことがある。

満ちていく月、かけていく月。その月齢ごとに呼び名があり、物語がある。
可愛らしいイラストと共に、その過程を楽しみたい。

後半の「月のノート」では、月の誕生や潮の満ち引きについて、満ちかけカレンダーも。

月を眺めるという行為がさらに楽しく、奥深くなる。

自分の心の中に、そして誰かと語り合う夜に。

☆WEB SHOP ➡️
http://hiruneko.thebase.in/items/19494407
posted by ひるねこ at 18:28| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

『私が30代になった』(タバブックス)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

イ・ラン 著/中村友紀、廣川毅 訳
『私が30代になった』(タバブックス)


私が30代になった [ イ・ラン ]

IMG_1118.jpg

IMG_1120.jpg

IMG_1119.jpg

仕事、お金、友情、カバンの中身。

韓国のアーティスト、イ・ランが描く、リアルな30代女性の日常の一コマ。

時に笑い、時に切なく。
30代になる人、まっただ中の人、そして通りすぎた人へ。
人生に読点を打つように、ほっと一息つかせてくれる。

韓国で大人気のコミックエッセイに、あらたに描き下ろし漫画を収録した日本版。

原書そのままに置かれたハングルが可愛く、良い味を出している。


☆WEB SHOP
http://hiruneko.thebase.in/items/19882186

---
イ・ラン

1986年ソウル生まれ。シンガーソングライター、映像作家、コミック作家、エッセイスト。
16歳で高校中退、家出、独立後、イラストレーター、漫画家として仕事を始める。その後、韓国芸術総合学校で映画の演出を専攻。日記代わりに録りためた自作曲が話題となり、歌手デビュー。短編映画『変わらなくてはいけない』『ゆとり』、コミック『イ・ラン4コマ漫画』『私が30代になった』(すべて原題)、アルバム『ヨンヨンスン』『神様ごっこ』を発表(2016年、スウィート・ドリームス・プレスより日本盤リリース)。『神様ごっこ』で、2017年の第14回韓国大衆音楽賞最優秀フォーク楽曲賞を受賞。授賞式では、スピーチの最中にトロフィーをオークションにかけ、50万ウォンで売ったことが話題となった。2018年、エッセイ『悲しくてかっこいい人』(リトルモア)発売。
posted by ひるねこ at 18:07| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。