2018年07月04日

【満員御礼】「サッカーことばランド」刊行記念トークイベント

*定員に達しましたので、お申し込みを締め切りました。
キャンセル待ちをご希望の方は、引き続きメールにてご連絡ください。


7/18刊行『サッカーことばランド 世界で拾い集めたへんてこワード97』(ころから)のトークイベントを開催します。

9784907239343 (1).jpg

31の国と地域の
27の言語で表された
97の「サッカーことば」!

4年に1度、世界中が熱狂するW杯が、今まさにロシアで開催中です。
繰り広げられる熱い戦いに、連日寝不足という方も多いかもしれませんね。
ボール一つあればどこでもできるサッカーは、世界中で愛されています。
それだけに、場所が異なれば様々なワードが生まれてくるようです。

「股抜き」は、「ナツメグ」(イギリス)、「トンネル」(スペイン)
「ダイビングヘッド」は、「鳩」(アルゼンチン)、「魚の頭」(ギリシャ)

これらはほんの一例ですが、一つのプレーをとっても本当に様々な言葉で表されているのがわかります。


本書は、『パリのすてきなおじさん』などでも知られる文筆家、イラストレーターの金井真紀さんと、「Number」でお馴染みのサッカーライター・熊崎敬さんの共著。

今回は、そのお二方をお招きして、サッカーことばの面白さや取材の裏話、世界のサッカー事情などについてお話を伺います。

サッカー好きの方はもちろん、今回のW杯をきっかけにサッカーのことを知りたくなった方、そして世界の言語の違いに興味のある方など、幅広く楽しんでいただける会となりそうです。

皆様のご参加、お待ちしております!



*事前または当日に、当店で本書をご購入のお客様は、イベント終了後サイン会にご参加いただけます。

(ご予約、ご購入は⇨http://hiruneko.thebase.in/items/12117633

*別料金500円でドリンク(ビール、ジンジャーエール)の販売もございます。


●日時:7/25(水)19:00〜20:30

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:1,500円(当日お支払い)

※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数〉をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「7/25 サッカーことばイベント参加希望」


☆プロフィール

金井 真紀
1974年生まれ。千葉県出身。文筆家、イラストレーター。任務は「多様性をおもしろがること」。著書に『世界はフムフムで満ちている 達人観察図鑑』(皓星社)、『酒場學校の日々 フムフム・グビグビ・たまに文學』(皓星社)、『はたらく動物と』(ころから)、『パリのすてきなおじさん』(柏書房)、『子どもおもしろ歳時記』(理論社)がある。横浜F・マリノスの松田直樹が好きだったので、その背番号にちなみ銭湯では3番のロッカーを使うようにしている。うずまき堂代表(部下は猫2匹)。

うずまき堂マガジン http://uzumakido.com


熊崎 敬
1971年生まれ。岐阜県出身。ライター。30年近くサッカーを中心としたスポーツの取材を続けており、これまで訪れた国と地域は約50。行く先々でスタジアム巡り、草サッカー観戦に加え、サッカーにまつわる壁画の探索を精力的に行なっている。好きな選手はマラドーナ。好きなお菓子は柿の種。趣味はまったく打てない草野球。著書に『日本サッカーはなぜシュートを撃たないのか?』(文春文庫)、『ゴール裏で日向ぼっこ』(駒草出版)、『カルチョの休日』(内外出版)などがある。

FC ROJIマガジン http://fcroji.com
posted by ひるねこ at 16:38| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

おぐまこうき個展「夜とギター」

イラストレーター・おぐまこうきさんの個展を開催します。

kokioguma.jpg


おぐまさんのZine「Pieces」「Spices」は当店でも大好評。
ユーモラスでシュールでファンタジックな世界観は、まさに唯一無二。
眺める度に空想が膨らんでいくイラストは、手製本の味とも相まって、見るものを惹きつけてやみません。

そして昨年には、あのインドの出版社Tara Booksから絵本を刊行。
ますます活躍の場を広げています。

C946CAC6-4D62-493F-B539-1F5B0B7CC3AE.jpeg

BF5C1AA1-84D4-415C-A1A5-D8F9A85AC41F.jpeg

2C1A324D-3797-4B24-9384-C59A9C1C0E1B.jpeg


今回は、新作Zine「夜とギター」の原画を中心とした展示となる予定。
彼のいつもの作品らしく、今度もまた夢の世界から抜け出してきたかのような魅力に溢れています。
ぜひ間近で感じてください。


●会期:7/30(月)〜8/12(日)11:00〜20:00
(店舗営業時間に準じます)
※最終日は18時まで
毎週火曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料



☆プロフィール

おぐまこうき

イラストレーター、保育士
東京都在住

2010年 第2回グラフィック「1_WALL」入選
      GEISAI#14 審査員個人賞(伊藤弘賞)

2014年9月より半年間、出版社TARA BOOKSのアーティスト・イン・レジデンスとして南インド、チェンナイに滞在。絵本の制作と、現地の子ども達と一緒にワークショップを行う。

2016年 第17回ノート展 準大賞 (審査 西田善太氏)

2017年 Tara Booksより 絵本「The Barber's Dilemma and Other Stories From Manmaru Street」
「とこやさん と すごいひげ - まんまるストリートのおかしなお話」を出版。

http://kokioguma.net/
posted by ひるねこ at 17:43| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

『女になる方法 ロックンロールな13歳のフェミニスト成長記』(青土社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

キャトリン・モラン 著/北村紗衣 訳(青土社)
『女になる方法 ロックンロールな13歳のフェミニスト成長記』


女になる方法 ロックンロールな13歳のフェミニスト成長記 [ キャトリン・モラン ]

生理の始まり、ムダ毛の処理、胸の膨らみ、性差別。
恋愛、結婚、出産、中絶、子育て、キャリア。

女であること、女になること。
そこにはたくさんの困難がある。

そして女として生きるには、考えることが多すぎる。

ここに綴られているのは著者が「間違った方法で女になろうとした時のこと」。

その言葉は余りにも赤裸々だ。
しかし、まっすぐな言葉は力強く、
今を、未来を切り拓く。

女性にばかり何かを求め、押し付けるのはもう終わりだ。

皮肉とユーモアに満ちた痛快エッセイ。

---
WEBSHOP
http://hiruneko.thebase.in/items/12075625
posted by ひるねこ at 19:13| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。