2021年03月05日

『フィンランドの不思議なことわざ マッティの言葉の冒険』(草思社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

マッティファンの皆様、お待たせした!
シリーズ最新刊が入荷しました📚

カロリーナ・コルホネン 著/柳澤はるか 訳
『フィンランドの不思議なことわざ マッティの言葉の冒険』(草思社)


フィンランドの不思議なことわざ マッティの言葉の冒険 [ カロリーナ・コルホネン ]

「ウサギの背に乗っているわけじゃない」
「ほら、玉ねぎ」
「試合用パンツをはく」
「ムーミン谷の仲間が足りない」

……これらは一体どういう意味なのでしょうか?

文字通りに解釈するとなんだかおかしな言葉を、平穏と静けさとパーソナルスペースを大切にするシャイなマッティが、身体を張って教えてくれます。

食事や自然、生き物など、短い言葉の中にフィンランドの慣習や文化が詰まっていて、言葉の歴史や変遷に思いを馳せながら読むのも楽しみ🇫🇮

もちろん原文のフィンランド語も掲載されているので、勉強中の方、日本語や英語との違いを感じたい方にもぴったりです。

クスっと笑えるもの、なるほどと納得するもの、勇気や力をくれるもの。

あなたのお気に入りはどれになるでしょうか?
疲れた時、悩んだ時、迷った時。ここで知ったフィンランドのことわざが、思わぬところでお守りがわりになるかもしれません。

「ネコのしっぽはネコが上げるもの」です🐈

https://hirunekobooks.stores.jp/items/6041df26c19c453a9827b44c
posted by ひるねこ at 17:33| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

『魂にふれる 大震災と、生きている死者 増補新版』(亜紀書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

若松英輔
『魂にふれる 大震災と、生きている死者 増補新版』(亜紀書房)


魂にふれる 大震災と、生きている死者【増補新版】 [ 若松 英輔 ]

「2011年の3月11日、君は大切な人を亡くした。その前年2月7日、ぼくも妻を喪った。」

大震災と、妻の死をつなぐもの−−。

西田幾多郎、鈴木大拙、田辺元、井筒俊彦、小林秀雄、柳田國男、池田晶子、須賀敦子……。

日本思想史に連なる人々との「対話」を通過して、「死者の哲学」が立ち上がる。

あの日から10年、著者の初期の代表作に三篇の新原稿を加えて。

https://hirunekobooks.stores.jp/items/60409f1a6728be21496eae1c
posted by ひるねこ at 18:20| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

【WEBSHOPリニューアルOPENのお知らせ】

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

これまでの「BASE」に加え、新たに「STORES」でもショップをオープンしました🎉

スクリーンショット 2021-03-03 12.33.24.png

これを記念した20%オフクーポン(STORES負担)を、先着100名様に配布します🐱

決済時に、こちらのコード〈UyTVim3xnc〉をご入力下さい◎

➡️ https://hirunekobooks.stores.jp/


*3/3〜3/16の期間限定クーポンとなります(予定より早めに終了する場合がございます)。

*お一人様一回限り、2,000円以上購入の際にご利用いただけます。

*ご注文が集中した場合、また新たなシステムに慣れるまで、発送までお時間を頂戴する可能性があります。

*BASEのショップは引き続き運営いたします。
posted by ひるねこ at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。