2018年01月24日

【満員御礼】『巨人の花よめ』発売記念トークイベント

*ご予約が定員に達したため、お申し込みを締め切りました。


『巨人の花よめ』(BL出版)の原画展にあわせ、
画家の平澤朋子さんをお招きしてお話を伺います。

kyojin_image01のコピー.jpg

新刊のお話はもちろん、平澤さんが北欧に興味を持つきっかけとなった作品や、旅とイラストの関係、普段の創作活動についてなどなど、盛りだくさんの予定。

作家さんご自身の口から、絵本やお仕事についてお話しいただくという贅沢な機会。今からとても楽しみです。

皆さまのご参加をお待ちしております!



*新刊『巨人の花よめ』を当店でご購入いただいた方を対象に、トークイベント終了後サイン会を開催いたします。

*原画展についてはこちら⇨
http://hirunekodou.seesaa.net/article/456310145.html?1516781364


●日時:2/28(水)18:30〜20:00

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:1,000円 


※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数〉をご連絡ください。折り返し、お振込先をお知らせいたします。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「2/28 巨人の花よめトークイベント参加希望」


☆平澤朋子さんプロフィール

1982年、東京生まれ。武蔵野美術大学卒業後、児童書の装画・挿絵を中心に、イラストレーターとして活動。
装画や挿絵を手がけた作品に「ニルスが出会った物語」シリーズ、『緑の模様画』(以上福音館書店)『わたしのしゅうぜん横町』(ゴブリン書房)『クロックワークスリー』(講談社)『わたしちゃん』(小峰書店)など。
http://studio-dessin.com/

kyojin_image02.jpg

kyojin_image03.jpg

kyojin_image04.jpg
posted by ひるねこ at 17:45| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

『あかがいちばん』(ほるぷ出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

昨日の大雪は凄まじいものがありましたね。
見渡す限り白一色となった町を前に、「色」の持つ嬉しさや楽しさを実感しました。店主自身は絵を描くのが苦手なのですが、ここにどんな色を足したら素敵だろうか、そんなことを考えていました。

『あかがいちばん』(ほるぷ出版)
ぶん: キャシー・スティンスン
え: ロビン・ベアード・ルイス
やく: ふしみ みさを


あかがいちばん新装改訂版 [ キャシー・スティンスン ]


おかあさんったら あかのこと、なんにもわかってないんだよ。

「そのワンピースには白が合うでしょ」って言うの。
でも赤い靴下のほうがずっと高く跳べる。

「茶色の手袋にしなさい。赤いのは穴だらけでしょ」。
だけど、赤い手袋のほうが雪だるまを上手に作れるんだよ。

「黄色いパジャマのほうがあったかいわよ」だって。
でも赤いパジャマは、おばけを追い払ってくれるんだ。

IMG_6099.jpg

IMG_6100.jpg


子どもの「好き」をキュートに愛らしく、真っ直ぐ描いた絵本。
もう完全にハートを射抜かれました。

まだ1月だと言うのに、早くも個人的2018ベスト絵本入りが確実。

カナダの名作、待望の復刊です。
posted by ひるねこ at 18:50| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

『巨人の花よめ』原画展

絵本『巨人の花よめ』(BL出版)の原画展を開催します。

kyojin_image01のコピー.jpg


北欧の地に生きる、少数民族・サーメ人。
彼らに伝わる昔話が、臨場感溢れる絵本になりました。


kyojin_image03.jpg

kyojin_image02.jpg

kyojin_image04.jpg


たくさんのトナカイとともに暮らす、ネイネ・パッゲ。
そして、その美しい娘チャルミ。
彼女の噂ははるか遠くまで広がり、あちこちから男たちが訪ねてきましたが、父親の後を継ぐつもりのチャルミには、お嫁に行く気などありませんでした。

ある日、山の上に住む恐ろしい巨人がやってきます。

「おまえのむすめを、よめによこせ」

贈り物を条件に、仕方なく引き受けたネイネ・パッゲ。
さて、賢いチャルミには何か考えがあるようですが……?


北欧の児童書を中心とした翻訳で知られる、菱木晃子さんが再話を手がけました。
そして、色鮮やかな民族衣装や移動用のテントなど、サーメの人々の暮らしを緻密かつ大胆に描いたのは、イラストレーターの平澤朋子さん。実際にサーメに関する多くの資料にあたり、また厳冬のラップランドを訪れるなど、取材を重ねた末に出来上がったのが本作です。

ぜひ余すところなくご堪能ください。


2/28(水)に、平澤朋子さんをお招きしてのトークイベントを予定しています。
http://hirunekodou.seesaa.net/article/456419902.html?1517183552


酒井絵美さんミニ演奏会♪♪
ノルウェーの民俗楽器ハーディングフェーレの奏者・酒井さんによる演奏会を開催します。北欧の雄大な自然が目に浮かぶような、ハーディングフェーレの美しい音色。どうぞお楽しみください。
・2/25(日)12時〜13時半ごろ(途中休憩あり)
 参加費1,000円
ご参加希望の方は、hirunekobooks@gmail.comまで、〈お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数〉をお知らせください。
当日参加も可能ですが、小さな店ですので、ご予約いただいただ方が確実です。

酒井絵美さん:https://www.emysakai.com/



●原画展会期:2/24(土)〜3/8(木)11:00〜20:00
(店舗営業時間に準じます)
※最終日は18時ごろまで
月曜定休の他、休業や時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●入場無料


本の詳細は⇒ http://www.blg.co.jp/blp/n_blp_detail.jsp



☆平澤朋子さんプロフィール

1982年、東京生まれ。武蔵野美術大学卒業後、児童書の装画・挿絵を中心に、イラストレーターとして活動。
装画や挿絵を手がけた作品に「ニルスが出会った物語」シリーズ、『緑の模様画』(以上福音館書店)『わたしのしゅうぜん横町』(ゴブリン書房)『クロックワークスリー』(講談社)『わたしちゃん』(小峰書店)など。
http://studio-dessin.com/
posted by ひるねこ at 17:13| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。