2019年08月23日

『若者は社会を変えられるか?』(かもがわ出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

中西新太郎
『若者は社会を変えられるか?』(かもがわ出版)


若者は社会を変えられるか? [ 中西新太郎 ]

若者は本当に政治に無関心か?
それとも何かが変わるのか?

そもそも「若者」と一括りにすること、大きな主語で語ることの問題を認識しつつ、“政治に近づかせない”仕組みや、不満や要求を抑えこませる自己責任感覚について。

社会は変わる。組み直そう。
posted by ひるねこ at 18:27| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

『江戸文化いろはにほへと』(亜紀書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

駒形どぜう 六代目 越後屋助七 著
『江戸文化いろはにほへと』(亜紀書房)


江戸文化いろはにほへと 粋と芸と食と俗を知る愉しみ [ 駒形どぜう 六代目 越後屋助七 ]

江戸の町と人情、味、風俗と技。

各界の第一人者が語る江戸噺。実践編では歌舞伎や大相撲、寄席など「粋なおとなの愉しみ」が。

江戸の香りがふわりと閉じ込められた一冊。

名所・名店案内を参考にまちを巡れば、すっかり江戸っ子気分に。日暮里や谷中の名前も。
posted by ひるねこ at 18:49| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

『文藝別冊 総特集 ヒグチユウコ』(河出書房新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『文藝別冊 総特集 ヒグチユウコ』(河出書房新社)


[総特集]ヒグチユウコ 指先から広がる魔法 (文藝別冊) [ ヒグチ ユウコ ]

現実とユートピアの狭間のような、摩訶不思議な世界は、いかにして生まれるのか。

冒頭の2万字インタビューは、絵を描く全ての人に読んでほしい。

保育園の頃、母親に「私は絵を描くほうに進もうと思ってる」と話したというエピソードに仰天。

「なぜ絵を描くのか?」「画家になるとは?」など、根源的な問いに誠実に向き合っている。

最新作品ギャラリーや、石田ゆり子らとの対談、キューライスの漫画、宇野亞喜良による寄稿など、どこから読めばいいのか、もはや脳内がショート寸前。

説明不要、問答無用。

とにかくこの魔法にかかって。
posted by ひるねこ at 18:12| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。